MENU

プルデンシャル生命は従来の保険のイメージを変えた

特に、今まで国内生保の保険に入っていた人は、ある意味びっくりすると思います。
それは、従来に対するイメージを一新させるものだからです。

 

男性の営業マン

 

昔は、保険といえば、会社の昼休み等にやってきて、ボールペンやアメを配り、折を見て保険を勧めてくる女性外務員、いわゆるセールスレディのイメージが強かったのですが、素人に毛の生えたような人も少なくなく、とてもプロとは言い難い部分も正直ありました。

 

プルデンシャル生命は、保険の営業マンを男子一生の仕事と位置づけ、彼らを「ライフプランナー」と呼び、質の高い提案ができる営業部隊を育成しています。

 

保険提案の仕方

 

生年月日だけ聞いて、保険の資料を作ってきて、「この保険いかがですか?」と提案してくる従来型の保険営業。考えてみたら、変ですよね。

 

保険は、本来、その人にもし万が一あったら「どれだけ」困るか、
その「どれだけ」を埋めるものです。

 

なのに、ろくにその金額も計算せずに、適当な提案書を作ってきて「これいかがですか!?」
「そういわれても・・・」というのが正直なところ。

 

プルデンシャル生命のやり方は、180度違います。
まずは顧客のニーズありき。

 

もしもの時に、
「どのような」保障が、
「いくら」
「いつまで」必要なのかを顧客に提示し、それが明確になった後、「それに見合ったブランはこれです!」といったやり方です。
納得の度合いが違うのは、ご想像いただけると思います。

 

twitterで口コミを拾ってみました。




それでもプルデンシャルを勧めない理由

プルデンシャル生命の口コミ評判|プルデンシャル生命の保険加入を検討している方へ

 

このように、従来の国内生保と比較すれば、数段評価できるのですが、それでもお勧めしない決定的な理由があります。

 

1.保険料が高い

 

保険会社全社のうち一番高いとは言いませんが、かなり高いことは確かです。
保険料についてのツイートもピックアップしてみました。






 

 

 

2.プルデンシャル生命の保険の中からしか選べない

 

もっとも致命的な点がこれです。

 

世の中にはたくさんの種類の保険があります。
プルデンシャルのライフプランナーは、法律上プルデンシャルの保険しか提案できません。
例えば、個人年金保険をおすすめしたいと思っても、プルデンシャル生命は個人年金保険を扱っていないため、養老保険の満期金を年金払いする商品を、年金ですといって勧めるしかできないのです。

 

保険料しかり、保障内容しかり、プルデンシャルの保険が、もっとも貴方に合っている保証はない、
逆に、その他多くの保険会社のなかに、貴方により合った保険が存在する可能性のほうが圧倒的に高いのです。

保険種類別プルデンシャル vs 他社の人気保険

1.生命保険(終身・定期)

プルデンシャル生命の終身保険や定期保険は、保障の内容自体に問題があるわけではありませんが、保険料が高いです。

 

たとえば、35歳男性・保険期間10年・保険金額2000万円の月払保険料は、

  • プルデンシャル:5,200円
  • メットライフ生命:2,660円

と、2,540円も違います。
年間30,480円、10年でなんと304,800円の差です。

 

当サイトが選ぶ生命保険(終身・定期)ランキング1位

プルデンシャル生命の口コミ評判|プルデンシャル生命の保険加入を検討している方へ

  • 特徴
  • 喫煙の有無、血圧、身長・体重により4段階に分け、健康リスクが小さい人は保険料の割引が大きく(最大52.9%割引)トクをする保険です。

  • 主な保障内容
  • 保険期間は、10年・20年・60歳・65歳・70歳・75歳・80歳。
    保険金額は、500万円〜5000万円で100万円刻み。

  • 月払保険料例
  • (保険金額1000万円、保険期間10年、健康クラス:ファーストクラスの場合)
    30歳男性:1,140円
    30歳女性:1,060円
    40歳男性:1,800円
    40歳女性:1,560円
    50歳男性:3,860円
    50歳女性:2,630円

無料で資料請求をしてみる↓

メットライフ生命スーパー割引定期

 

生命保険(終身・定期)ランキング2位以下はこちら

 

2.医療保険

プルデンシャル生命の入院保険には手術給付金がなく、それが人気がない一番の原因です。
病気によっては、手術をせず投薬による治療も増えてきたとはいえ、まだまだ手術の保障は不要になったとはとても言えない状況です。

 

他社の医療保険を見てみると、プルデンシャル生命の入院保険と保険料ではそれほどかわらなくても、手術給付金をはじめとしてプルデンシャルよりは充実した内容となっています。

 

当サイトが選ぶ医療保険ランキング1位

プルデンシャル生命の口コミ評判|プルデンシャル生命の保険加入を検討している方へ

  • 特徴
  • 医療保険 新キュアは、週刊ダイヤモンド 2016年4月23日号「医療保険ランキング」3年連続第1位にランクされています。
    最大の特徴は、七大生活習慣病には特に手厚い保障があることです。
    一般の入院は支払限度日数は一入院60日ですが、七大生活習慣病のうち三大疾病を除く糖尿病・高血圧性疾患・肝硬変・慢性腎不全による入院の場合は、一入院120日、三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)の場合は何と無制限に支払われます
    入院が長くなりがちな三大疾病の場合支払限度がないというのは、本当に心強いはずです。

  • 主な保障内容
  • 保険期間は終身
    入院給付金5000円・1万円/日、手術給付金、先進医療給付金(2000万円まで)、重度三疾病一時金

  • 月払保険料例
  • (入院給付金日額5000円の場合)
    30歳男性:1,582円
    30歳女性:1,707円
    40歳男性:2,187円
    40歳女性:2,022円
    50歳男性:3,172円
    50歳女性:2,772円

無料で資料請求をしてみる↓

オリックス生命新キュア

 

医療保険ランキング2位以下はこちら

 

3.がん保険

プルデンシャル生命のがん保険には大きなデメリットが2つあります。

  1. がん診断保険金が期間を通じて1回しか支払われないこと
  2. 上皮内がんの場合はがん診断保険金の10%の支払いになること

がんはほかの病気と違って再発の可能性が高いため、多くのがん保険ではがん診断給付金が何度でも支払われることが一般的です。一回しか支払われないというのはかなり致命的だと思います。

 

当サイトが選ぶがん保険ランキング1位

プルデンシャル生命の口コミ評判|プルデンシャル生命の保険加入を検討している方へ

  • 特徴
  • この保険の特徴は、一般的ながん保険の保障(がん診断給付金・入院給付金・手術給付金)以外に、抗がん剤治療・放射線治療・ホルモン剤治療も保障されることです。
    がんで入院しても、退院後こういった治療で通院するケースも多いのですが、その場合は従来のがん保険ではお金がおりませんでした。
    入院や手術以外の「通院治療」に焦点を当てた、本当の意味でがんの経済的リスクをフルカバーできる保険と言えます。

  • 主な保障内容
  • 保険期間は終身
    放射性治療給付金、抗がん剤・ホルモン剤治療給付金・がん先進医療給付金・がん診断給付金・がん入院給付金・がん手術給付金・がん通院給付金・がん緩和療養給付金・ガン診断後ストレス性疾病給付金

  • 月払保険料例
  • (がん治療重視プランの場合)
    30歳男性:2,557円
    30歳女性:2,439円
    40歳男性:3,401円
    40歳女性:2,927円
    50歳男性:5,067円
    50歳女性:3,334円

無料で資料請求をしてみる↓

チューリッヒ生命がん保険

 

がん保険ランキング2位以下はこちら